将来健康にどんなリスクがあるかチェック出来る遺伝子検査

> MYCODEの公式サイトを見てみる <

MYCODEヘルスケアなど遺伝子検査を利用することで病気のかかりやすさや体質などの遺伝的傾向が分かります。

 

病院や研究機関以外でも遺伝子検査が利用できるようになったのをご存知でしょうか。以前までは考えられないことでしたが、こうして一般消費者でも気軽に利用できる環境になったのは喜ばしいことだと思います。例えばMYCODEのヘルスケアなどが代表的です。

 

そこで今回はMYCODEヘルスケアなどの遺伝子検査でどのようなことが分かるのか、そもそもどういった目的で使われているのかなどを紹介していきます。

 

遺伝子検査とは?

遺伝子検査

遺伝子検査は個人の細胞を採取、それを検査することでDNAの情報を読み取ることが目的です。DNAの情報が分かれば、そこから病気のかかりやすさや体質といった「遺伝的な傾向」を診断することができます。

 

病気を発症しやすい遺伝や特徴のある体質になりやすい遺伝というのは間違いなくあります。高血圧の家系なら高血圧にかかりやすいですし、背の高い家系なら子どもも背が高いことが多いのは経験的にも分かると思います。

 

これらは全て遺伝子によって個人差が決められていて、生まれた時に決められた遺伝子は生涯を終えるまで変わることはありません

 

遺伝子検査ではこれらの遺伝子のパターンを何万、何十万もの項目に分けて一度に調べることができるようになり、その結果複数の病気の発症リスク、体質の特徴などを分類することができます。

 

以前までであれば遺伝子検査には多額の費用ととても長い期間が必要でしたが、技術の発展・確立によってコストを減らし、いち早く結果が分かるようになりました。そのため、一般消費者にとっても身近な物としてサービスが提供されるようになったという背景があります。

 

>>今すぐMY CODEの検査の手順を知りたい方はこちら<<

 

遺伝子検査の結果、あらゆることに先手が打てるようになる!

遺伝子検査でリスクに備える
遺伝子検査で病気のリスクがわかったところで、これを書き換えることはできません。もしかすると将来的にはできるようになるかもしれませんが、少なくとも現段階では不可能です。

 

そのため「病気になりやすい遺伝子を持っているのだから何をしてもダメだろう」と諦めてしまう人もいますが、それは早計です。

 

遺伝子検査の診断結果による病気のリスクや体質というのはあくまでも「統計的発症リスク、統計的な傾向」となっています。

 

つまり、絶対に発症するとは限らないわけです。あくまでも発症しやすい傾向がある、という可能性を示しているだけ

 

なので、病気に対して先手を打つことができ、発症をできるだけ避ける工夫や対策を講じるチャンスが得られると考えるべきです。

 

そもそも病気になる要素というのは遺伝的な物だけでなく、環境的なことも大きく関係してきます。

 

例えば「がん」。こちらは遺伝的な要素が大きいといわれてはいますが、環境的な要因も大きく影響していることが知られています。肺がんなら喫煙、皮膚がんなら紫外線といった環境的な要因ですね。

 

MYCODEのヘルスケアなどで事前にこれらのリスクを把握することができれば、あらかじめ有効な対策を取ることができ、がんの予防につなげられるというわけです。

 

生活習慣や環境の改善に役立てよう

遺伝子検査で発症リスクが高くないことが分かった場合、安心する人がほとんどだと思います。しかし、それで安心してしまって、不摂生な生活を送っても大丈夫、とはなりません。

 

例えば肥満症。遺伝的な要因も大きいものの、環境的な要因の方が強く関わっているとされています。これは何となくイメージが付くと思います。

 

糖尿病や高血圧、さらにはがんや心筋梗塞、脳梗塞といったを命に関わるような生活習慣病の発症リスクに食生活や睡眠、運動習慣、ストレスなどの環境要因が大きく関係していることはご存知の通りです。

 

これらのリスクを極力排除するために、遺伝子検査で自身のことをよく知り、普段の生活習慣を見直すことが重要となります。

 

どのような外的要因に気をつけるべきか把握したいならMYCOEがおススメ

MYCODEのヘルスケアなど、遺伝子検査は本当に手軽に利用できるようになっています。今までであれば10数万円以上の費用がかかってもおかしくないものでしたが、価格は4万円以下で受けられます。

 

ちょっとした出費と多少の期間をかけるだけで一生ものの遺伝子診断が受けられるのはメリットになるはずです。

 

MYCODEヘルスケアは病気のリスクだけでなく、体質も診断できるので、理想的な生活習慣を目指す手助けにもなるはずです。生き生きとした毎日を目指すためにも、自分のことをもっとよく知るためにも利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

>>MY CODEの公式HPはこちらから<<

遺伝子検査だけでなく、生活に役立つアドバイスや情報もセットで受けられる!

MYCODEの生活改善サポート

 

例えば、ダイエットや生活習慣。MYCODEを活用することで管理栄養士などの専門家から生活改善のための提案も受けられる!

 

MYCODEは一般的に行われている、単純な遺伝子検査だけではありません。どのような病気のリスクがあるのか、どのような体質の持ち主なのかを明確にした上で、管理栄養士などの専門家から生活改善の提案を受けられるサービスを提供しています。

 

今回はMYCODEのサービス内容について紹介していきます。

 

まずは健康リスクを明確に

MYCODEのサービスの中で、メインになってくるのが「健康リスクを明確にすること」「自身の体質を明確にすること」となっています。これが分からないことには、効果的な対策を取ることができませんよね。

 

まずは唾液をサンプルとして提出する必要があります。MYCODEに申込みすると数日後に遺伝子検査キットが郵送されてくるので、キットに唾液を入れましょう。

 

サンプルをとる前30分くらいは飲食を控えておきます。サンプルを取ることができたら、あとはMYCODEあてにサンプルを返送するだけです。自身がやらなくてはならないのはここまで!とても簡単ですよね。

 

2週間〜3週間くらいで検査結果を閲覧することができます。MYCODEは他の遺伝子検査サービスとは異なり、web上からログインしてマイページで検査結果をチェックできます。

 

ここではどのような病気を発症しやすいのか「疾患発症リスク」と「どういった体質の持ち主なのか」が明確に記載されています。

 

目的に合わせた検査が選べる

MYCODEには検査したい目的に合わせて3つの検査メニューが用意されています。

 

3大疾病を始めとした様々な病気のリスク、そして体質の遺伝的傾向まで完全に把握できるフルパッケージ版となる「ヘルスケア」。

 

がんに関する遺伝的傾向を診断できる「がんパック」。

 

そして体質の遺伝的傾向を、先祖のルーツを診断できる「ディスカバリー」。

 

これら3つのサービスの中から、自身が気になるモノを検査することができます。一番オススメなのはやはりヘルスケアパックですね。280項目にも及ぶ検査項目があるので、全てを理解できると言っても過言ではないかもしれません。

 

検査結果は最新のものに更新される

MYCODEの診断は最新のデータベースに基づいて下されています。つまり、日々進歩し続けているわけです。

 

一般的な遺伝子検査の場合、検査結果が出たその時点でサービスは終了するのですが、MYCODEはデータベースが常に更新され続けて、その結果が反映されるようにある予定だとアナウンスされています。

 

さすがに「以前とは全然違う結果が出る」ということは無いでしょうが、今までには見つからなかった疾病リスクや体質などをが更新される可能性は大いにあるでしょう。

 

有料サービスでさらに充実

MYCODEは各メニュー(ヘルスケア、がんパック、ディスカバリー)の時点で病気のリスクや体質、目指すべき生活習慣などが分かるのですが、さらに踏み込んだライフスタイルの改善を目指したい人のために、有料サービスを用意しています。

 

これは管理栄養士などの専門家による個別のアドバイスや生活指導で、それに則った生活を意識することで、さらに理想的な生活習慣を手に入れられるというわけです。

 

また、遺伝子に関する専門家がいつでも相談に乗ってくれるフリーダイヤルも用意されているので、そちらも気軽に使えるのはMYCODEの嬉しいサービスだと言えますね。

 

 

ということで今回はMYCODEのサービス内容について紹介しました。まとめると以下の通りです。

 

  • 健康リスクや体質を明確化できる
  • データベースは常に更新され続ける
  • 有料サービスを利用すればさらに理想的な生活習慣を目指せる
  • フリーダイヤルで専門家に相談できる

 

他の遺伝子検査と比べるとかなりリーズナブルな料金設定になっているにもかかわらず、どこよりも充実したサポート体制が整っているのは嬉しいですね。

 

>>MY CODEの公式HPはこちらから<<

MYCODEの特徴にはどんなものがある?

MYCODEの生活改善サポート

 

一般ユーザーにとってとても身近になった遺伝子検査。中でも代表的なサービスが「MYCODE」になります。

 

数ある遺伝子検査の中でもとてもリーズナブルですし、診断項目が非常に多いため参考にしやすい部分が大きいのが特徴だと言えます。

 

もちろんこれらの他にもまだまだたくさんの特徴があるので、ここからはさらに、MYCODEについて深く掘り下げていきたいと思います。

 

遺伝的リスクを理解する

MYCODEは一般消費者向けの遺伝子検査サービスになります。中でも注目したいのが「遺伝的リスクを理解できる」ということです。

 

痛くない遺伝子検査

MYCODEは遺伝子検査に必要なサンプルを「唾液」から採取しています。従来なら血液を使う、あるいは口腔内の細胞を綿棒で採取するのが一般的でした。しかしこれらは痛みを伴ったり、人によっては条件が難しいこともありました。

 

唾液で簡単に遺伝子検査が受けられるのはMYCODEならではの特徴だと言えます。

 

280項目の診断項目

MYCODEのすごいところは、診断項目が280項目もあることです。一般的な遺伝子検査の場合、項目数はもっと少ないです。

 

つまりMYCODEならそれだけ多くの情報を手に入れられることになり、その分様々な角度から生活習慣の改善に役立てられると言えます。

 

日本人向けの検査ロジック

遺伝子検査というのは人種によってそれぞれ特徴があります。そこでMYCODEは日本人、アジア人向けの検査ロジックを構築することで、より精度が高い、信頼できる遺伝子検査を提供しています。

 

最新の研究に基づいた検査結果

MYCODEは世界中の生物学的、科学的データベースに基づいた検査・診断を行っています。つまり、信頼性が高い診断結果が受けとれることになります。

 

また、これらのデータベースは日々更新され続けるものですので、MYCODEはこれに合わせて検査結果を更新する予定が明言されています。

 

病気を理解しやすい

MYCODEを利用して遺伝的な要素を診断することができたとしても、一般消費者にとってはどのように噛み砕けば良いのか分からない部分も少なからずあります。そこでMYCODEは病気を理解するためのアドバイスも行っています

 

イラスト付きの詳細な説明

MYCODEの診断結果と一緒に、病気に関するイラスト付きの詳細な説明が添付されます。これはは専門医が監修した物で、信頼性も非常に高いです。また誰でも分かりやすいように作られているのも特徴です。

 

病気の危険性や予防因子を理解できる

診断結果と一緒に、病気の危険性、予防因子の一覧も提示されます。もちろんこちらも専門監修の元による高い専門性の結果です。またイラストや写真入の説明でとても理解しやすいのが特徴です。

 

こういった病気のリスクがあるので、このような予防を取り入れるのが効果的、といった具合です。

 

理想的なライフスタイルを手に入れられる

MYCODEの優れた所は自身の遺伝的な要因が理解できるだけではありません。専門家によるライフスタイル、生活習慣の改善方法のアドバイスが受けられるのが特徴です。

 

ライフスタイルを知る

まずは現時点のライフスタイルを把握しないことには改善策は見えてきません。そこでMYCODEでは、管理栄養士による質問に応える事で生活の改善点を明確にし、結果に基づいたアドバイスが受けられます。

 

疾患発症リスクを避けるための改善方法だったり、個人個人向けのオーダーメイドアドバイスを提示してくれたり、有料にはなりますが専門家から直接生活改善プログラムを指導してもらうこともできます。

 

ということで今回はMYCODEの特徴について紹介しました。大まかにまとめると以下の通りです。

 

  • 一般的な遺伝子検査よりもリーズナブル
  • 唾液を採取するだけの簡単検査
  • 検査項目が280点以上と実に豊富
  • 日本人向けロジックを採用することで信頼性が高い
  • 最新の研究結果が反映される
  • 病気そのものの理解を深められる
  • 専門家からのアドバイスで理想的な生活習慣づくりを目指せる

 

MYCODEにはいくつかの有料オプションも用意されていて、これらを上手に活用することができれば、さらに充実した病気や体質への対策を取ることができるようになります。より充実した毎日を手に入れるためにも、利用を検討したいところですね。

>>もっと詳しくMY CODEの情報をチェックしたい方はこちら<<

MYCODE利用者の口コミや評価、体験談をチェックしてみよう

MYCODEはとても多くのユーザーに利用されていて、評価が非常に高いのが特徴です。

 

もちろん感じ方には個人差がありますし、どれだけ有効活用できるかも人それぞれだと思います。それでも、利用者がどのように感じたのかはとても気になりますよね。

 

そこで今回はMYCODEを実際に利用した人たちの口コミや評判、体験談などをまとめてみました。

 

情報量が多いのが最大の魅力(50代女性)

 

50歳を超えてから、今まで以上に健康に対する意識が強くなりました。私は専業主婦なのであまり定期的に健康診断を受けていなかったのですが、年齢が年齢なので毎年受けるようにしています。

 

これまでは血糖値やコレステロール、血圧と全て問題なかったのですが、最近になってコレステロール値が上がるようになりました。同時に目の疲れを強く感じたり、以前よりも集中力が続かなくなったり…と「老い」を感じることが増えました。

 

両親を見てみても、特に健康に問題があるわけではないので、遺伝的には健康な体質なんだろうなと思っていたのですが、それでも油断はできないと日々強く感じています。

 

そこでMYCODEを受けてみました。結果が出るまで不安半分、楽しみ半分と言ったところでしょうか。

 

結果はパソコンの画面で簡単に確認できます。そこで最初に思ったのが「項目数がとても多い」ということです。最近上がっていたコレステロールに関することだけでなく、がんや糖尿病などの発症リスク、さらに髪の毛のことまで本当に色々な情報が示されていてびっくりしました。

 

私の場合、特に平均と比べて高い項目はありませんでしたが、それでも毎日の生活習慣に活かしたいと思います。


明らかに健康意識が高まった(40代男性)

 

これまでに何度か体調を崩して「そろそろ無理がきかない年齢に入ってきたのかな」と感じることが増えました。もともと病気自体に強い関心があって、できるだけ長く現役として、健康的に活躍したいと思っていたのでMYCODEはとても気になる存在でした。

 

実際にMYCODEを利用してみて、検査結果そのものに安心できたのですが、印象的だったのは「生活改善プログラム」です。

 

専門家の方と色々と話すことができ、自分が気になるところや気になっていたところを細かく回答してもらえたのは心強かったです。一方的に「ああしろ、こうしろ」と言われるのとは全然違いますよね。

 

ちょっと前まで不眠気味になっていたり、慢性的な逆流性食道炎に悩まされる時期もあったのですが、生活改善プログラムのおかげで自分がどうするべきなのか、どういった点に注意するべきなのかを理解できてから解消されました。

 

やはり専門家のアドバイスは根拠に基づいたものなので信頼できますし、ベースとなるMYCODEの遺伝子検査診断を元に私のためにアドバイスしてくれるわけなのでとても効果的だと感じられます。

 

20代や30代など働き盛りで特に健康に不安を感じないうちから受けてみれば、私のように40代以降になってから健康の不安に駆られる可能性は低くなると思います。たくさんの人に試して欲しいサービスだと思いました。


遺伝的な病気の気がかりが解消された(30代女性)

 

私の家系は「がんの家系」です。父は30代で胃がんに罹り、早世しましたし、祖父もまたやっぱりがんでなくなりました。なので、20代くらいからずっと「私もがんで死ぬんだろうなぁ」と漠然と感じていました。

 

しかし子どもも大きくなってきて、いよいよ「今がんになるわけにはいかない」「できれば病気を気にせずに長生きしたい」と感じるようになり、MYCODEで遺伝子検査を受けることを決意しました。今思えば、数値できちんと確認したい、という思いがあったのだと思います。

 

実際に検査をうけてみて、思いのほか早く検査結果が出たのに驚きました。懸念していたがんのリスクは複数の項目の中でも比較的高い項目に入っていて、少なからずショックは受けたものの、なおさら対策を取るべきなのだとハッキリしたのは少しスッキリしたような気がします。

 

アドバイスも書かれていたのですが、しっかりと生活習慣に取り入れるために生活改善プログラムも利用することに。特にリスクが高いと診断された「胃がん」について、円グラフを見ながら説明を受けました。とても分かりやすく、遺伝的な要因も大きいものの、環境的な要因を減らすことで発症リスクが低くなることが分かり安心しました。

 

生活改善プログラムは分かりやすかったですし、何よりフランクに相談できるのがとても良かったです。これからの生活に活かしていきたいと思います。


>>もっとMY CODEの体験談を見る<<

MYCODEを利用する上での注意事項はある?

MYCODEは基本的に誰でも利用できるが医療行為を目的とした物ではなく、未成年も対象外
MYCODEの注意事項

 

一般消費者が手軽に利用できる遺伝子検査として人気が高まっているMYCODE。基本的に誰でも利用できるものですし、特に難しいことは何もない、というのが人気の理由のひとつになっているのですが、利用するにあたっていくつかの注意事項があるので今回はそれを紹介していきたいと思います。

 

直前の飲食を控える

MYCODEは唾液から遺伝子を検査する形を採用しています。そのため、注射や針などの痛みの心配をする必要は一切なく、かなりお手軽に使えるのが嬉しいポイント。

 

しかし同時に、直前の飲食や喫煙による影響が大きいため、この点は注意しておかなくてはなりません。

 

唾液採取の30分前の飲食、喫煙は控えましょう。またガムやアメを食べながらの採取も同様です。

 

医療行為ではない

MYCODEはあくまでも一般向けの遺伝子検査サービスであり、医療行為に該当するものではありません。同時に病気の診断でもありません。内容としては「病気のリスク」「体質の遺伝的傾向」を診断するものだと理解しておきましょう。

 

例えば遺伝子検査の結果、医師の診断内容や処方箋に置き換えられるのではないかと考える人もいるようですが、こういった用途には使用不可です。現在の健康状態や病気の状態について調べたい、という場合も同様です。

 

医療用の遺伝子検査は病院で実施されているものとなるので、注意事項として覚えておきましょう。

 

未成年は対象外

MYCODEは20歳以上の成人のみを対象とした遺伝子検査になります。なので、未成年は利用することができません。

 

もしも未成年の遺伝子検査を利用しようと思うなら、MYCODE以外のサービスを利用する必要があります。

 

出生前診断は目的ではない

遺伝子検査と言えば「出生前診断」のイメージを持っている方も多いと思いますが、MYCODEは胎児の染色体を調べるものではありません。基本的に出生前診断は病院で実施しているのでそちらを利用しましょう。

 

血縁関係を調べるサービスではない

MYCODEはあくまでも個人の病気のリスクや体質を調べるものであり、血縁関係を調べるために利用することは不可能です。浮気などの調査目的で遺伝子検査を検討している方は他のサービスを利用しましょう。

 

遺伝子検査にも色々な目的のサービスが用意されていますが、MYCODEは「個人の健康リスクと体質を診断するためのもの」だと理解しておけば問題無いと思います。

 

特に覚えておいて欲しいのは未成年は利用できないということ。20歳以上の成人だけが利用できる、という点に注意しておきましょう。