遺伝子から色々なことが分かる!DNAとは一体何だろう?

遺伝子検査

DNAは人間の設計図のような物でこれを紐解くことで病気のリスクや体質が明確化される

 

身体的な特徴は親から子どもに遺伝するのは経験的にも分かっていることです。そしてそれを決定付けているのが「遺伝子」の存在。この遺伝子というのはどの細胞にも存在している「DNA」の並び方が決定しています。

 

そこで遺伝子検査などが用いられ、病気のリスクだったり、どのような体質の持ち主なのかを明確化できます。

 

そこで今回は基本となるDNAについて解説していきます。

 

遺伝子とDNA

今となっては当たり前のように使われるようになった「DNA」。こちらはもともと生物学の用語で「デオキシリボ核酸」の略称になります。

 

DNAは60兆個もの細胞全てに存在していて、このDNAの持つ情報にのっとって細胞や器官、臓器が作られていきます。このことから「人間の設計図」「体の設計図」といった表現も。

 

DNAは精子、卵子に存在していて、受精時に父親と母親のそれぞれのDNAを受け継いだ子どもが生まれることになります。つまり、DNAを持つ情報次第で髪の毛や目の色、肌の色、ひいては病気のなりやすさや体質などが決定されます。

 

DNAは人の鋳型

DNAは「鋳型」の役割を持っています。ひとつは配列情報に基づいたタンパク質を作り出すための鋳型。そしてもうひとつは細胞分裂の際、自身のDNAをコピーするための鋳型です。

 

私たちの体はおよそ10万種類のタンパク質によって構成されています。そしてこのタンパク質を作る命令を出しているのがDNAなんですね。面白いことに、DNAの配列は頭、目、口、神経、臓器といった組織ごとに大きく変わることはありません。

 

遺伝情報を担う本体となる部分、調節領域が互いに関係しながら遺伝子を制御することでそれぞれ機能を持った組織を作り上げています。

 

DNAによって作られるタンパク質は先祖代々綿々と受け継がれることが分かっています。これによって、先天的な特徴などが決定付けられているというのが現代の考え方です。

 

個人差はたった1ヶ所のDNAが違うから!?

人間が持っているDNAはほぼ共通した物です。しかしそれぞれ個人差がありますよね。これはなんとDNAのたった1ヶ所の違いによるものです。この違いの部分をSNP(スニップ)と言います。

 

同じ人間なのに、見た目が違うのはもちろん、性格や体質、細かく言えば髪の毛の色や肌の色、お酒に強い弱いまで決まっています。これらが全然違うのはSNP(スニップ)に差があるからです。面白いですよね。

 

SNP(スニップ)があるからこそ様々な環境に適応できる人間に進化することができるのではないかと考えられています。つまり生物として必要な領域なわけです。

 

そしてSNP(スニップ)によって病気のリスクや薬の効果などが左右されます。例えば同じ薬を飲んでもAさんには非常に効果的で、Bさんにはあまり効果がみられず副作用が出てしまう…といったことがあります。これはSNP(スニップ)の関係性が大きいわけですね。

 

最近ではDNA検査を行うことで一人ひとりのSNP(スニップ)事情を診断し、個々人に合わせた医療を提供する技術が進歩しています。これを「オーダーメイド医療」と呼んでいます。

 

ということで今回はDNAについて紹介しました。

 

1990年代後半に一気に加速したヒトゲノム研究が2010年代になってようやく実用化・一般化レベルに発展した、と言えますね。

 

DNAがあるからこそ私たちは同じ人間でい続けられ、両親…ひいては先祖代々の特徴を受け継ぐことができています。

 

また遺伝子検査の高度な発展によって様々な病気のリスクや体質を理解することができ、それに即した「オーダーメイド医療」が受けられるのも時代の進歩と言えそうです。