将来健康にどんなリスクがあるかイメージできていますか?

将来への不安を解消するためには健康のために今できることに取り組むべき!

 

昔から「体は資本」と言われているように、健康的な体でないことには100%のパフォーマンスを発揮することはできません。また将来病気にかかってしまう不安を感じる方もたくさんいらっしゃるでしょう。そこで今回は健康の将来への不安について考察してみたいと思います。

 

30代から40代くらいで感じ始める将来の不安

若い頃はあまり病気をすることもなく、特に体に不安を感じることは無い人の方が多いと思います。しかし、30代や40代になってくると、何かしら不安な部分が出てき始めるのもまた事実です。

 

人によっては病気による将来の不安が大きくなって、そこから物事に集中できなくなるケースだってあります。

 

ではどのような不安があるのかを考えてみましょう。

 

がん

やはり大きいのは「がん」ではないでしょうか。現代人の死因第一位ですし、一度発症してしまうと治すことができない、治っても他のがんが発症するリスクがあるため特に不安視されやすいです。

 

今では医療の進歩によって「必ず死ぬ」病気ではなくなったものの、それでも発見が遅れたり、転移してまうと治療の難易度は一気に高くなってしまいます。

 

そしてがんは環境的な要因も大きいですが、遺伝的な要因も大きいため、人によっては「がんの家系だから…」とあきらめているケースも少なくないようです。

 

生活習慣病

一口に生活習慣病と言っても実に様々な物が挙げられます。一般的には動脈硬化、糖尿病、高血圧といったものが挙げられます。

 

「生活習慣病」という名前の通り、生活習慣が大きく関係しているのは間違いないのですが、こちらもがんと同様、遺伝的な要素で発症のリスクが大きく変わってくるのが特徴です。

 

普段から生活習慣を強く意識することである程度回避はできるものの、全ての生活習慣病に対応するライフスタイルを手に入れるのはとても困難です。それゆえに、いつの日か生活習慣病にかかってしまうのではないかという将来への不安を感じる人は多いです。

 

遺伝子検査でリスクを明確化しよう

もしも健康に関する将来の不安があるなら、できるだけ早い段階から手を打つ必要があります。

 

そこでオススメしたいのが遺伝子検査です。遺伝子検査とは名前の通り遺伝子を検査することで、どのような病気のリスクがあるのか、どういった体質の持ち主なのかを診断することができます。

 

例えば「肺がんのリスクが高い」と判断された場合はすぐにでも喫煙をやめるべきですし、できるだけ空気のキレイなところを生活拠点にしたほうが良い…といった対策を取れるようになります。

 

結局のところ、どのような病気にかかるかが明確でないだけに、漠然とした不安を抱え続けることになり、効果的な対策を取れない状況に陥ってしまいます。

 

もちろん人によっては遺伝子検査で病気のリスクが明確化されることにショックを受けることもあるでしょうが、分からないまま生活し続けるよりも、ある程度のリスクを理解した上で生活習慣を改めた方が良いのは言うまでもありませんよね。

 

最近の遺伝子検査は結果が分かっただけで終わらず、そこから専門家のアドバイスや生活指導を受けられるサービスも増えています。有効活用することで、以前よりもずっと簡単に理想的な生活習慣が手に入ります。

 

ということで今回は健康や病気の将来への不安について考察してみました。まとめると以下の通りです。

 

  • 30代から40代あたりからがんや生活習慣病が怖くなる人が多い
  • どのような病気にかかるか分らないことが不安
  • 遺伝子検査で病気のリスクや体質を知ることで効果的な対策が取れる

 

遺伝子検査でどこまで信頼できる結果が得られるのか、について疑問を抱いている方も多いですが、世界的なデータベースを基に診断しているサービスがほとんどなので信頼性はかなり高いものだと考えられます。

 

上手く有効活用して将来への不安を払拭しましょう!